EnglishItalianKorean

たまには仕事以外のことを・・・その7


 

< たまには仕事以外のことを... < たまには仕事以外のことを... | 日々浮遊/一覧 | オクダさんだす > クラゲでなくてフランシス...

桜がきれいです・・・って無責任な言葉か?

桜がきれいです・・・
と、冒頭に書きそうになって、
これは無責任な言葉なんだろうかと思いかえす。

というのは、桜を見るたびに思い出す話があるのだ。
知り合いで、桜の保存のために
働いてる人が語った話。

いつごろからかこの季節、
桜をテーマにした美しい歌が、
よく流れてくるのだけど、
そうした桜の歌について、
その人が言うには、

「いい気になって歌いやがって・・・
一曲歌うたびに桜税取れ!
やらずぼったくりだぜ
お前にきれいな歌など歌う資格などない!!」

言葉は荒いけれど、
その話を繰り返しきいているうちに、
はっとした・・・。

植樹をして、
水をやって、
肥やしをやって、
手入れすることでしか、
桜は花を咲かすことができない。

きれいな歌とは関係のない
言葉を超えた手入れ。

このままでいくと、
吉野の桜も、あと何十年かで、
確実に消滅してしまうらしい。

話は大きくなって、
教育論から、政治論まで。

きれいごとだけ歌って、
手を汚す肥やしやりをしない。
そういう人間が増えているので、
世の中がおかしいとのこと。

なるほどねえ。

そんなことを考えながら、
昨日の誕生日、
自宅近くの、平城京のきれいな桜をただ見ていました。

こんないい季節に、生んでもらってありがとう。
小さいころは全然思わなかったのだけど、
誕生日ごとに両親に感謝したい気持ちがわいてきます。

この何年かばたばたとしていて、
桜は、あんまりじっくり見ていないような気がします。
でも、自分の見ることのできる桜は
多くてもあと何十回と限られているんだよね。

何年か前に見た、
吉野の桜がきれいでした
一期一会という感じで・・・