EnglishItalianKorean

またまたクラゲ短歌を・・・


 

< たまには仕事以外のことを... < たまには仕事以外のことを... | 日々浮遊/一覧 | たまには仕事以外のことを... > たまには仕事以外のことを...

たまには仕事以外のことを・・・その4

先週に引き続いて、浮遊海月(くらげ)水中猫交錯短歌です。


キッチンの裏の砂漠で口寄せする 巨大海月宴より逃げ



口寄せ・・・という言葉を使ってみたかったんですよね。
僕は、「ナルト」という忍者ものの漫画が好きなのだけど、
ナルトに登場する忍者たちが使う忍術で、
「口寄せの術」というのがあるのです。
この口寄せの術とは、
動物と交わした契約の巻物を使って、
巨大がま だの 巨大へび だの 巨大なめくじ だのを
呼び出して、戦わせるという忍術なのです。

まあ、そんな感じで、僕も口寄せの術を使って、
巨大水中猫 だの 不思議海月(くらげ) だのを
呼び寄せてみたいなあと・・・



踵髭 手髭尻髭 膝に髭 盲目少女の先杖試作


猫の髭(ヒゲ)というのは、
モノにぶつかったりしないための、
アンテナみたいなものらしいのだけど、
もし、人間に猫ヒゲがついていたら・・・

人間の場合、四足の猫と違って、
二本足で立ちますので、
たぶん、猫とはちょっと違うところに
ヒゲがついているのが便利に違いありません。

なんか、歩くたびに、いろんなモノにぶつかっては、
膝にあざを作る人がいるのですが、
そういう人は、膝にひげが生えているのがいいわけです。

小学校の頃に、友達の椅子に、
画鋲を置くという遊びが流行りましたが、
こういうとき、尻に猫ヒゲが生えていたら、
尻に画鋲を刺すことなく、
上手によけられるわけです。

こういう、しょーーもないことを考えているうちに、
なんか水中猫のヒゲ模様が、
ひゅるるるると奇妙に生えてくるのが見えてきます。